FC2ブログ

TV LIFE ・ ガイド ・ ジョン

2013年09月13日 03:23

会社の帰り地下鉄を降りて階段を上ろうとしたとき
前にいる女性の肩から掛けられたエイトのLiveバッグ
そこにつけられてた可愛いマスコットの頭の兜に亀の文字
これ、むちゃくちゃほしい!
一瞬にして心奪われた
「どこに売ってるんですか?」
聞きたくて聞きたくて
今度会ったら勇気を出して聞いてみよっ

TV LIFE
Autumn Face SP INTERVIEW 2013
秋色に輝く亀ちゃんの笑顔がとっても素敵☆

「多分イメージにないですよね。でも親しい人からは意外と昭和っぽいと言われるし、
もしかしたらそれを感じての、今回の作品なのかなと(笑)
原作が本当に魅力的で、ちょっとした事件は起るんだけども
『犯人はこの人だ!』みたいなことではなくて。
誰かが誰かの思いやったが故の、温かい謎を解いていく。
読んでいて心地いい本なので、演じる僕たちもそこは大事にしていきたいです」

「本当、こんな感じでした。
ご近所さんとのつながりも残っていて、今でも地元に帰るとおばちゃんが
『あら和也君、久しぶり!』って、おせんべい持って来てくれたり(笑)
家族が多いと楽しいけど、面倒なことも多いんですよ。
でも、それも良さかなって今では思うし、自分の育った環境も作品に生かしたいです」

「原作者の小路幸也さんから『青だよね』って言ってもらえて。
その言葉は心強かったし、渡されたバトンをしっかり握り締めて走ろうと思います。
ただ、大事にしたいのは自分どうこうより、全体のバランス。
自分のことだけを考えてると、
古き良きものを抱えながらも今を生きている、堀田家の雰囲気は出ませんから」

「すごいですよ、家族が並んだ光景を想像しただけで、『何が起こるの?』って感じになる。
まず玉置浩二さん演じるお父さんと、どんな掛け合いになるか、想像がつきませんから(笑)
ただ、原作からどのエピソードを選んでも、ほっこりするお話ばかりなので。
親子にしても、恋人にしても、見ている人にいいなと思ってもらえる関係性を作っていきたいです」

★秋のドラマですから、庭でサンマを焼くシーンはぜひ。
で、煙が家に入って来て、けんかになる(笑)
ご近所さんにもらった栗を蒸す、みたいなのもいいな。
そういうの、実家でよくあったんです。

10月12日スタートってことはあと1ヶ月☆
TV LIFEで次号から連載が始まり、雑誌やテレビでの番宣も
一歩ずつ近づく足音にワクワクするねっ♪

130911TVLIFE1.jpg 130911TVLIFE3.jpg 130911TVLIFE.jpg

TVガイド
上向きがかわいくて。手もねっ。

初めてのホームドラマです。
僕が演じる青くんは大家族の中でも少し陰のある役ではあるんですが、
作品の中に悪い人は1人も出てこない。
原作や台本を読んで、たとえ家族であっても声に出さないと分からないことって
こんなにあるんだと思ったし、
人間としてさまざまな角度から考えられる作品だなと感じました。
人数が多ければそれだけ問題もあるわけで、
そういう意味で実家は人と人とのつながりを感じられる場所であり、
リラックスもできるけど刺激的な場所でもあります。
家族で見ていただけるようなほっこりしたストレートなドラマをお届けします!

堀田 青
腹違いの次男。昔は不良だったが、今は心優しき旅行添乗員。
酔っ払うと「愛が欲しい!」と叫ぶのが常。
古本屋の四代目にはなりたくない。紺と青で譲り合っている日々。

130911TVガイド1  130911TVガイド2 次号表紙ですねっ!


ザ.テレビジョン

1885年創業の古本屋「東京バンドワゴン」を営む堀田家は、4世代8人の大家族。
店主を務める勘一の孫・青は、ある晩、酔っぱらって大学生のすずみに絡んでしまう。
すずみは青をひっぱたきその場を立ち去るが、本を落としてしまう。
すずみに本を返そうと青はすずみの大学へ。
すずみは本が戻ったことを喜ぶが、青に警戒心を抱く(第1話)

130911TVジョン



最近の記事