FC2ブログ

TVガイド

2014年11月13日 20:41

昨日発売のTVガイドにザ少年倶楽部プレミアムが1P

関ジャニ∞とのトークが楽しそー♪

『関ジャニ∞がデビューした'04年のジャニーズメンバー番組出演時の
映像を見ながらトークを展開。
’04、'05年にミュージカル『DREAM BOYS』で共演した
当時の思い出話に花を咲かせる』

原口あきまささんとエハラマサヒロさんとはモノマネ挑戦~
亀ちゃんはイチロー選手
たっちゃんはクリス松村さん⁉

KAT-TUNは「ROCK」をテーマに
「Keep the faith」「WILDS OF MY HEART」などをメドレー カッコいいね~☆

関ジャニ∞はアルバムから「EJ☆コースター」と「象」のメドレー

来週の水曜日が待ち遠し~い💕

141113TVガイド


KAT-TUNカウントダウンライブの当落始まりましたねっ
両日とも無事にとれました~♪♪ 

duet 2014.7

2014年06月10日 02:03

表紙の裏は『In Fact』って今日知った(汗)
あっ、NEWSとはんぶんこねっ

オレが前髪を伸ばすとき 2P
サイダーみたいシュワシュワシュワ~な亀ちゃん☆

まったりとした昼下がり、ほどよい自然光に照らされ、さらにソファーでの撮影に、
ちょっと眠むそう!?
ときおり、目をしょぼしょぼさせながら、ステキな姿を見せてくれました。
「近況を聞かれるのがいちばん困る・・・」そういいつつもいろんなことを語ってくれています。

●いちばん最近のオフ?知り合いとフレンチに行った。
オレね、わりとフレンチ好きなんだよね。ワインが好きっていうのもあるし。
といっても、高いワインを飲むわけじゃないよ、
まぁ女の子を口説くときならがんばっちゃうかもしれないけど(笑)
ふだん、仕事関係の人とは食事とかあまり行かないんだけど、
そのときはスタッフさんたちと話の流れで行こうってことになって。
『パリっぽいお店!』というテーマがあったから、
一応、服もパリっぽい感じにして出かけてみた(笑)
オレ、新しいお店に行くのも好きだけど、
自炊することもあるし、そんなに外食が多いほうではないと思う。

●前々回かな、ジャニーズwebの更新忘れちゃったんだよね。
いろいろ手違いがあったらしくて、オレの担当週の1週間後くらいに
スタッフさんから報告を受けたんだけど、もうとっくに過ぎちゃってるからさ。
あーいうのってライブ感も大事だと思って、
つぎの番が来たときまで待って、あやまりました・・・。
オレね、公言してるけどブログとかあんまり興味がないんだよねぇ。
いまの時代にはマッチしない考え方かもしれないけど、
プライベートのことを全部さらけだす必要はないって考えがあるし、
文章を長く書くのもそんなに得意じゃないから。
こういう雑誌のインタビューではいろいろ話すようにするから、それで許して!(笑)

●映画『バンクーバーの朝日』の撮影がクランクアップした。
撮影は栃木県をメインでやっていたんだけど、長いときは3、4日くらい泊まりで、
チームメイトとして共演しているみんなでお風呂もいっしょに入ったりとかして、
合宿みたいな感覚ですごく楽しかった。
撮影中1回だけ、妻夫木くんとふたりきりで食事したんだ。
そのときは、オレが別の人たちと食事してたら電話が来て
「ごはん行かない?」って誘ってくれて。
「オレはもうお腹いっぱいなんで食べられないけど、つきあいます!」ってイタリアンに行った。
ガッツリお芝居でからむのは初めてで、連絡先も今回初めて交換したんだよ。

●映画が終わってから最近は一気にKAT-TUNと過ごす時間が増えた感じ。
この間、新曲のPV撮影で会ったのもかなりひさしぶり。
そういうとき、オレからメンバーに対して、近況を聞いたりとか、
自分のことを話したりはしない。
田口が絶対に聞いてくるから。
「亀、最近何やってたの?オレはさぁ~」って完全にオレがダシに使われるパターン(笑)
今回の新曲も“KAT-TUNの曲だっ!”っていう魅力がいっぱいつまっていると思うので、
ぜひ聴いてください!
個人的な近況としては、映画も終ったから、髪の毛を伸ばし始めてる。
オレって、もともとやりたい髪型とかってない人なんだけど、
とりあえず前髪は伸ばしたいなと思ってます。

最後の普通の一文が亀ちゃんが言うと素敵なタイトルになっちゃうのね~☆
webはどんな些細なことでもUPされると幸せになるんだよ
妻夫木くんからのふたりきりの誘い嬉しかったんだろうな

140606duet1.jpg   140606duet2.jpg   140606duet3.jpg

『In Fact』リリース
「PVの見どころとしては・・・かなり踊ってます。
リハは個別にしてたんですけど、撮影前日にみんなで集まってレッスンしました。
完成したPVは“踊ってるな”っていうイメージと、シンプルかつ、
こだわりが感じられるんじゃないかと。
メンバーのソロカットって、できあがってから初めて見るんですけど、
それぞれテンションが違っていたというか。
オレに関しては、基本的に、“カメラ目線なし”っていうオーダーがあったので、
今回はみんなしっとり落ち着いた感じなのかなと思っていたら、
上田くんとかけっこう動いていたのでびっくり。これも狙いなのかな?(笑)」

POTATO 2014.7

2014年06月08日 15:40

昨日のHANG OUTは『In Fact』リリース記念
亀ちゃんといっしょにライブのはしっこに行けたっ♪
MステレポUP
読んでるだけでドキドキしてくるね☆

POTATO
DISCOVER 亀梨和也 2P
『In Fact』
曲のテイストは中丸のドラマの主題歌ってことで
作品にあったキャッチーな雰囲気になってる。
サビの部分とかすぐに覚えてもらえるんじゃないかな。
さりげなく言葉のチョイスが攻めてたりとか、
KAT-TUNらしい味わいもあると思うので、じっくり聴いてもらえたら。

オレの“ホントのところ”
(周りのスタッフさんの「ちゃんとしてる人!」という意見を聞いて)
いや、オレなんて全然ちゃんとしてないよ~。じつは面倒くさがりだし。
昨日もすごい疲れ果てて帰宅して、「ちゃんとベッドで寝なきゃ」と思いつつ
「30分だけソファで寝よう」って横になって、結局朝までそこで寝ちゃった(笑)
今回のテーマに合わせて言うなら「ホントのところ、案外ダメなヤツです」って感じだよ(笑)
仕事してるときは、そういうふうにだらしない自分が表に出ちゃうのが許せないから、
ちゃんと気を張ってるだけ。
そんな万能な人間じゃないって!(笑)

DVD『COUNTDOWN LIVE 2013~』
今後のKAT-TUNに対するオレらの思いを映像を通じてあらためて感じてもらえるような
出来になったよ。
2013年はみんなにいろいろ心配をかけてしまったけど、
あのライブは、そこからもう一度いいスタートを切るきっかけになったと思う。

『バンクーバーの朝日』
野球というより人間ドラマって感じの作品。
こういう日本人がいたんだってことを感じてもらえたらうれしいね。
撮影は真冬だったんだけど、オレはホントのところ、冬生まれのわりに寒さに弱い(笑)
だからロケは毎回大変だったよ。

『ジョーカー・ゲーム』
シンガポールで撮影したんだけど、海外のキャストやスタッフの方と仕事するのは
すごく刺激的でおもしろかったよ。
ちなみに演じたのはスパイ役。
でも、実際のオレは人をだましたり隠し事をするのが超ヘタ(笑)
思ったことがすぐ顔や行動に出るから周りの人にはすぐわかっちゃうみたい。
というか、言いたいことは相手がだれであっても隠さずになんでも言う。
そのほうが結果的に気持ちよく接することができるからね。

プライベートでは・・・昨晩、寿司の夢を見た(笑)
だから今日は朝起きたときから「絶対に寿司を食べる!」って決めてて、
よく行ってるお店の出前を注文したよ。
常連だから「亀梨スペシャルで」って頼むとオレの好きなネタだけで作ってくれるの。
もちろんメインはイカ!イカは相変わらず一番好きだね~。

はみだしPOTATO
スタジオに現れるなり、「寿司食いたい~」と御用達のお寿司屋さんの
にぎりセット(イカ多め)+ちょっぴり甘めの太巻きをオーダー。
で、ひとりで全部食べきるかと思いきや
「食べきれないから」とさりげなくスタッフにすすめる亀梨。
こういうところが“ちゃんとしてる人”なんです♪

140606POTATO2.jpg  140606POTATO1.jpg  140606POTATO3.jpg

ザ少年倶楽部プレミアム 収録ルポ 2P
NEWSとのトーク楽しかったね
カットしたとこも見たいから未公開早く~

『4U』プレミアムショー収録
何度か音合わせをして段取りを確認するとメンバーは一度楽屋へ。
楽屋からは『4U』を高らかに歌い上げるメンバーの声が・・・。
そしていよいよ本番へ。
しかし、しっとり歌い上げている矢先に亀梨がいきなりフリーズ!
歌詞カードがカメラにかぶって見えなかったみたい。
じつは番組収録の際
「歌詞は覚えてるけど、本番でミスしたくないから
歌詞カードをヒント代わりに冒頭のフレーズを確認してる」(本人談)
思わず「固まっちゃったよ(笑)」と周囲を和ませてTake2へ。

今後NEWSとジョイントライブをするならどんな曲がいい?
「『希望~Yell~』かな!メンバー同士が向き合ってお互いにエールを送り合うっていうね(笑)
今までいろいろ大変なこともあったけど、希望を持って頑張っていこうぜってことで、ね!」

ジョイントライブ、CD発売ぜひぜひ~

140606POTATO4.jpg   140606POTATO5.jpg

Going! my way 1P
巨人・菅野投手を直撃!

Wink up 2014.7

2014年06月07日 05:00

アルバム「come Here」ジャケ写&詳細UP!
ナンかほほ笑むキュートさ
亀ちゃんの世界が楽しみ~♪

ドル誌早売り
今回は亀ちゃん☆

Wink up
撮影テーマは「鴉―カラス―」 3P
人間に嫌われて疎まれているのに、それを全く気にもとめず
逆に人間をバカにして生きる自由な鳥
そんなカラスに見立てての撮影
ダークな亀ちゃんがワイルドでカッコいい☆

♦撮影テーマ「鴉」は黒髪の今をイメージしたのですが、黒髪の評判は?
「いいよ」ってとにかく言われて、男性からのウケがいいけど、女の人からはどうなんだろう?
俺ってやっぱり茶髪のロン毛のイメージが強いんだろうな。
横をツーブロックに刈りあげてるから、帽子をかぶると坊主みたいに見えるから
帽子をかぶれなくなったくらい(笑)

♦光物に惹かれる「鴉」亀梨さんが惹かれてしまうものは何?
女性。もうこれは本能じゃない?
惹かれるタイプの人としゃべってると、口を見たら「キスしたいな」って思うし、
手を見たら「握りたいな」ってなるし。
基本一目惚れするタイプだから、初対面の人に対しても思うな。
好きなタイプとかないから、好きとか嫌いとかふくめて「めちゃくちゃにしたい」とか
「癒されたい」って、人によって違う自分がうまれたり発想が変わったりしてる。
でも「手、超握りてぇな~」と思っても、実際は握らずに終わるから、
妄想しながらしゃべってるのが面白いのかも。
もし頭の中を人にのぞかれたら・・・恥ずかしくはないかな。
なんか俺、WUでだけ変態キャラだよね。

♦不吉の象徴にされることが多い「鴉」「亀梨和也」は世の中からどう見られたい?
やっぱりジャニーズ1のセクシーな存在に・・・いやいやウソ、何も目指してないから。
俺、どういう風に見られたいとかないんだよね。そのとき、そのときの発想で生きてるから。
ちょっとワガママだったり、自由気ままっぽく人の目にうつってればいいかな。
“アイドル”と“自由”って相反するものだけど、メーターがあったら0か100みたいなのが
俺の生き方だし。
あと常に「意外だね」って言われるように生きてたいかな。
「亀梨くんって、こうだよね」って的を得られるのはあまり好きじゃない。
「この人は俺のことをこう思ってるから、じゃあ違うことしよう」って。
あまのじゃくなんだろうね(笑)

♦近況
最近は“価値観”についてより考えるようになってて。
特に『ジョーカー・ゲーム』の撮影のときはモノがなくて
今の便利な生活が信じられなかったし。
感覚的なことで、言葉にするのが難しいんだけど
一番価値があるのって極論人間だよなって。
何かを磨くってときに、人としての自分をやっぱり磨きたいな・・・って考えたりしてる。

140606WU1.jpg  140606WU2.jpg  140606WU3.jpg

KAT-TUN CAN
萌えポイ研究所
●女子にふいに言われたらテレる言葉は?
あ。「と~っぴ」かな。
ソファ座ってたとして俺の隣りにきて「と~ぴ」っていいな。
俺を取り合うなよって・・・フッ。

●狙ってるけど口説きにくそうな女性。その気にさせるには?
どんな人だって口説くもん(笑)。その気にさせるには?トークだね。

●疲れてるとき彼女に一番してもらいたいことは?
お風呂入りたい。体洗ってほしい!

萌えポイ ムチャブリ写真!

140606WU4.jpg

萌え写真他にもいっぱいあるんだろうな~

鴉ってエロかったんだって思う今回のインタビュー(笑)でも、好きだよっ

ザ少年倶楽部プレミアムに密着 2P
WUは見た!
本番中。カメがアカペラで歌うソロパートで詰まってしまい、1度収録ストップ。
「ごめんなさい、すみません」周囲に謝るカメ。
セッティング待ちのあいだ、4人で集まり、失敗してしまった部分を再現して
テレ笑いのカメでした。

TV station と TV LIFE

2014年06月06日 02:45

TV station 5P

表紙をめくったらお出迎えしてくれてます
優しさあふれたほほ笑みの亀ちゃんにときめき
赤いリボンで結ばれて

「In Fact」はKAT-TUNらしさはありつつ、フリも全体的にしっかりついてるんですけど
ガッツリ踊るっていうよりは、大人っぽくて中性的な感じですよね。
「Believe in Myself」にかけて「自分が信じるものは何か」って?
すべて、ですよ。ベースはそこですから。そのなかにグループがあったりとか。
僕自身は何もウイークポイントがないという人間ではないので、
ファンのみなさんや友達や家族、一緒にお仕事する人たちに支えられているからこそ、
自分の感覚を信じてやってこれたし、やっていける。
アルバムはわりかし攻めてますね。
ガツガツのロックというよりは古き良き的な楽曲が集まってるんじゃないかな。
ツアーの会場もアリーナクラスがメインということで、僕らの王道のテイストで攻めるより、
ちょっと変わった角度からKAT-TUNをやってみようっていうのは大きかった。
東京ドームのライブは僕らのライフワークというべきものだけど、
今回はあえてのツンデレというか。
原点というべき会場や距離の近さを選んだということでご了承いただきたいです(笑)
ライブの構成しかり、いろんな部分で「間違いないよな」というものを
一回閉じてみようかなっていうのはあって。
いい意味で苦労するだろうけど、それが成長につながるし、2年後の10周年に向けて
いろいろ仕掛けていく飛躍の年でもあるという意識はすごくありますね。
アルバムとツアーの『come Here』はすごく意味合いを考えてます。
Hだけ大文字なんですよ。
まず、Hの真ん中がハイフンであるということ。
8枚目のアルバムにあたるのでアルファベット8番目の文字のHだけ大文字だったり、
ホームという意味もあったり、ちょっとHなKAT-TUNをっていう意味もあったり。
『come Here』の意味をいろいろ考えていただきたい、かな。
リード曲もKAT-TUNぽくないっちゃKAT-TUNぽくないでしょ。
今回のツアーは近くで見られるけど、それ以上により心で感じてほしいですね。

140604station1.jpg  140604station3.jpg  140604station2.jpg

TV LIFE 3P

「In Fact」「come here」に続くライブツアーって、すごくいい流れができたから、
オレたちもこの流れにしっかり乗っていきたいよね。
会場を決めるとき、2年後の10周年を見据えて、これまでとは違うアプローチをしようって。
スタートの地の国際フォーラムをはじめ、デビュー前にやってた会場をあえて選んだんだよね。

140604LIFE2.jpg   140604LIFE1.jpg
こういうとこかわいすぎ☆
カメアシって亀梨に聞こえてドキドキするよ~


最近の記事